2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「ああ、大人になっても演劇続けていきたいな。」大学生・高校生・中学生向け制作ワークショップをはじめる前に・・・ | トップページ | 制作ワークショップの中身について(演出家:中込遊里) »

2019年3月24日 (日)

高校演劇アワード

こんにちは。
  
 
八王子学生演劇祭2019で制作と
広報をしております荻山です。
  
 
  
 
  
 
今度、制作ワークショップの講師として関わってくれる
小堀さんが企画・制作をしている「高校演劇アワード2019」を観に
岩手県西和賀町にある小堀さんのホーム、銀河ホールに行ってきました。
 
  
  
 
Image-1
※高校演劇アワードホームページより引用
  
 
  
 
  
 
行くと決めたのが3/20。そして行ったのが3/23
急激に行くことを決めたのですが、結論から書きますと、
急激に行くことを決めた自分をほめてあげたい。くらい良い経験でした。
 
  
  
  
どんなイベントだったか、詳しくは公式ホームページをみてください。
  
 
  
  
昨年度のチラシ。
Image-2
※高校演劇アワードホームページより引用
  
 
「何を言うかは、台本が決める。言いたいことは、わたしが決める。」
すてきだ・・。
  
  
  
  
ポイント!
・5つの高校による公演が1日で行われる。
・全団体が同じ台本を上演する。(今回は劇作家、演出家、鳥公園主宰の西尾 佳織さん作「わたしたちの家」)
・演出、脚色は各団体にて行う。
・最優秀演出賞など、賞がある。
・プロがかなり濃厚な講評を行う。(とても濃厚だった。)
結果、同じ台本であるにも関わらず、まったく異なる作品ができ、
「演出力」であり、団体の「総合力」がとても問われる演劇アワード(国内唯一)
  
 
  
  
  
  
  
 
前日が仕事だったため前のりができず、23日の朝東京を出発。
ちょっと寒いらしいと小堀さんから聞いていたので、念のためパーカーをもっていく。
  
   
  
早朝。
Img_2292
  
 
  
  
  
7年ぶりくらいにのる新幹線。
Img_2297
  
  
  
  
途中駅。ちらつく雪。
  
 
  
  
  
 
Img_2303 
  
  
 
  
  
  
 
雪?
  
  
  
  
ついたよ、西和賀町。だいたい5時間くらいの旅。
Img_2306
  
 
  
 
  
 
  
 
完全なる雪国。
Img_2308
  
  
 
  
  
  
 
ちょっとどころではなく寒い。
いま、小堀さんから頂いたメッセージをみたら、
「とても寒いですね。」と書いてあった。
完全なる読み違い。そしてまさにとても寒い。
  
  
  
 
ニットにジーパンという、場違いな服装。
みんなはもふもふのコートやダウンを着ていた。
おもわず、パーカーを羽織る。 
  
   
  
  
  
容赦なく吹き付ける雪。 
しかし、ダッシュで銀河ホールへ。
  
 
  
 
Img_2319
  
 
  
 
  
 
残念ながら着いたときにはもう、2団体目が終わりそうな状況だった。無念。
  
 
  
 
  
 
ホールの中の様子。アットホームな雰囲気。演劇用のホール。
Img_2328
  
  
 
  
 
というわけで、下記3団体を観劇。
盛岡市立高校
岩手県立盛岡第三高校
岩手県立西和賀高校
  
 
個人で演技賞をとったり、しっかりと間を使えていたと評されていた
盛岡大学附属高校、そして独特の大掛かりな装置があり、
津軽弁で会話をしていたらしい青森県立木造高校も観たかった。。
  
 
  
  
 
休憩中、ロビーからみた景色。もはや吹雪。
Img_2330
  
  
  
 
  
各団体について書くときりがないので止めますが、レベルが高かったです。
思うに、力のあり、色々と頭を悩ませる仕掛けのある良い台本にしっかりと
挑んだからだと思います。
  
  
  
うらやましい。なんと面白そうな台本。
  
  
  
  
とはいえ、ちょっとだけ。
岩手県立西和賀高校について書きます。
  
なんと、演劇部ではないそうです。有志団体、とパンフレットに書いてありました。
しかし、驚くべき構成力。空間の使い方。小さいけれど大胆な脚色。僕、びっくりしました。
おしくも最優秀演出賞とはなりませんでしたが、それに次ぐ、優秀演出賞。
なんと演出は高校1年生。ちなみに僕は一番好きでした。
  
  
  
でもどこも面白く、正直もはや好みのレベルでは、という感じだった。
後ろに座っていたおじさんが、上演がおわるたびに、「まいった。」「まじか。」
といっていた。わかるよわかる。僕もそう思いました。
  
  
  
そしておそらく出演者の方のツイートでしょうか。
「この結果を先生に早く伝えたい。そして演劇部を作ってほしい。」
  
もしこの成果を受けて演劇部ができたら、彼らの活動がこの企画を通して
報われたということになり、それはとてもすごいことだなと思います。
心から応援しています。
  
  
  
そして全団体の講評(約1時間30分)をたっぷりと聞き、あっという間の1日。
宿のの付近でごはんを食べようとおもったらタクシーの運転手さんから
「こっから先は、何もないよ。食べるところは、何もない。あはは。」
と聞き、絶望していたら、宿のおかみさんがカップ麺をくれた。
  
  
  
  
小鉢もついていた。優しい。おいしい。
Img_2334
 
  
  
  
 
  
女将さんも銀河ホールに何度か演劇をみに足を運んでいたそうで、
詳しく話を聞くと、小堀さんの別企画大学生が2週間滞在していたことが
あり、演劇に興味をもったとのこと。
  
  
  
  
町よ。演劇よ。まさにいま僕が考えている様々なことたちよ。
  
  
  
  
そんなことを考えながら温泉につかり、ちょっと怖い人形にみつめられながら、
ぐっすりと寝ました。
  
  
  
Img_2336_2
  
  
   
  
そんな小堀さんを講師に迎えて行うワークショップのページはこちら
ああ、もはや僕がすごい楽しみ。
みんなでいろいろ根掘り葉掘り聞きましょう。

« 「ああ、大人になっても演劇続けていきたいな。」大学生・高校生・中学生向け制作ワークショップをはじめる前に・・・ | トップページ | 制作ワークショップの中身について(演出家:中込遊里) »

八王子学生演劇祭2019_制作WS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ああ、大人になっても演劇続けていきたいな。」大学生・高校生・中学生向け制作ワークショップをはじめる前に・・・ | トップページ | 制作ワークショップの中身について(演出家:中込遊里) »