« 制作ワークショップの中身について(演出家:中込遊里) | トップページ | 振り返ろう、制作WS その① »

2019年4月26日 (金)

八王子学生演劇祭2019 出演団体・個人募集!

八王子学生演劇祭制作・広報の荻山です。

 

 
八王子学生演劇祭2019 出演団体・個人の応募を開始しました!

 

今年のテーマは

「みんなで創る演劇祭」

です。

 

 

2019ver31p

 

 

 

目次  

1.総合ディレクター 中込遊里よりメッセージ

2.参加方法

3.ワークショップ&説明会

4.八王子学生演劇祭2019への応募について

5.最後に(制作・広報より)

6.クレジット・お問い合わせ先

7.八王子学生演劇祭とは?

 

--------

 

 

1.総合ディレクター 中込遊里よりメッセージ

 

 

Yuuri-tsp_1

 

 

演劇を志すみなさんへ

 

 

表現方法には美術や音楽などもありますが、演劇だけが持つ大きな特徴は「身体さえあればできる」ということです。もちろん、照明効果や舞台美術など様々な要素がありますが、演劇の根本は「身体と声」です。

 

また、演劇は「言葉の芸術」です。戯曲は過去に書かれた誰かのメッセージです。古典戯曲から、現代を映す最新の戯曲に至るまで、歴史の中で人間がどのような問題を抱え、どんなことを大切にしてきたかを、そこから想像することができます。

 

「身体と声を使い、創り手と観客が想像力で繋がること」が、演劇の魅力です。一人で何かを想像するのも楽しいですが、たくさんの人が上手に繋がることができれば、想像力は無限に広がります。その楽しさを知ることができるのが演劇です。

 

その楽しさを存分に味わうために、八王子学生演劇祭2019では、ふたつの仕掛けを用意しました。

 

ひとつは、「課題戯曲」です。私と、八王子学生演劇祭の制作スタッフである荻山さんが選びました。演劇の幅広さ・豊かさが詰まった戯曲です。この戯曲を基に、想像力を拡げて上演してくれる団体をお待ちしています。

 

もうひとつは、「みんなで創る演劇作品」の上演です。私が演出をします。戯曲は用意しません。まず人が集まり、稽古で色々と試しながらだんだんと形作ります。高校生以上25歳以下であればどなたでも応募可能です。演技志望者でなくても構いません。ただ、「絶対に良い作品を創るぞ」という覚悟のある方を求めています。

 

みなさんの想像力とエネルギーに出会うのを楽しみにしています。演劇の限りない楽しさを、一緒に知りましょう。

 

 

先生・保護者の方へ

 

「八王子学生演劇祭」は、出会いの場です。人・場所・言葉など、学校や家庭の中ではなかなか出会いにくい他者との出会いの場を目指してプログラムを作りました。それらの様々な出会いによって、「今まで知らなかった自分」という大きな他者に出会ってほしいと思っています。その経験を経て、「学校や家庭にいる自分」が一回り大きくなれるはずと、信じています。

 

  

 

 

総合ディレクター・中込遊里(演出家・鮭スペアレ主宰)

1985年日野市生まれ。都立八王子東高校出身。日本大学芸術学部在籍中、演出と演技を中心に学ぶ。卒業制作公演「夏の夜の夢」(作・シェイクスピア)では歴代最高の動員数を記録。大学在籍中に「鮭スペアレ」旗揚げ(2006年~)。シェイクスピアなどの古典作品を、生演奏の音楽劇として演出する。2014年・2015年「利賀演劇人コンクール」奨励賞受賞。2016年より立川市の文化創造施設「たちかわ創造舎」に劇団の拠点を構え、多摩地域の中高校生と演劇創作する「たちかわシェイクスピアプロジェクト」を開始。これまでのワークショップ参加者は約140名、観客を含めると400名を超える。その場に集う人々の力をどこまでも信じることから作品を編み出すことをモットーとする。一児の母としても奮闘中。

 

 

 

2.参加方法

下記2種の参加方法があります。どちらかを選び、ご応募ください。

応募方法については、「4.八王子学生演劇祭2019への応募について」をご参照ください。

不明な点については、担当までお問合せください。

  

(1) 課題戯曲に挑戦!団体参加(3団体まで):

 

12月19()20() のいずれかでリハーサル

12月21() 、12月22日 (日) のいずれかで上演

対象:舞台芸術活動をしている中学生~25歳以下を中心に構成される、課題戯曲が上演可能な団体

※書類審査にて決定します。

 

Ws2019_20190622173101


   

 

課題戯曲「学割だからいいのよ」

改変可能。例:登場人物の増減・性別の変更・台詞の部分変更・シーンのカットと追加

ダウンロードはこちら

ダウンロード - 学割だからいいのよ.doc

 

作品紹介:

チェーホフ「プロポーズ」(翻訳:浦 雅春)
http://8youth.cocolog-nifty.com/hachigeki/2019/07/post-1689a5.html

 

多田淳之介「3人いる!」
http://8youth.cocolog-nifty.com/hachigeki/2019/07/post-5da221.html

 

シェイクスピア「夏の夜の夢」(翻訳:河合祥一郎)
http://8youth.cocolog-nifty.com/hachigeki/2019/07/post-906089.html

 

岩井秀人「ヒッキー・カンクーントルネード」
http://8youth.cocolog-nifty.com/hachigeki/2019/07/post-113934.html

 

八王子東高校演劇部「学割だからいいのよ」

http://8youth.cocolog-nifty.com/hachigeki/2019/07/post-2c9890.html

 

 

※他の課題戯曲は、書店、図書館などで入手してください。どうしても手に入らない場合は、下記までお問い合わせください。

※「ヒッキー・カンクーントルネード」、「3人いる!」の戯曲については、下記までお問合せください。

geishin78@hachiojibunka.or.jp(担当:荻山)

 

 

(2) 一緒に創ろう!個人参加:

総合ディレクターである中込遊里さんが演出をし、戯曲がない状態から一緒に作品をつくりあげます。

「未来」をテーマに作品作りをします。

 

Ws2019_1 

 

 

○稽古日程(予定)

場所:八王子、もしくは、立川の公共施設にて。※終了時間を21:00に変更しました。

2019/10/08(火) 18:00 ~ 21:00
2019/10/15(火) 18:00 ~ 21:00
2019/10/20(日) 15:00 ~ 21:00
2019/10/26(土) 15:00 ~ 21:00
2019/10/29(火) 18:00 ~ 21:00
2019/11/05(火) 18:00 ~ 21:00
2019/11/12(火) 18:00 ~ 21:00
2019/11/17(日) 15:00 ~ 21:00
2019/11/19(火) 18:00 ~ 21:00
2019/11/24(日) 15:00 ~ 21:00
2019/11/26(火) 18:00 ~ 21:00
2019/12/01(日) 15:00 ~ 21:00
2019/12/03(火) 18:00 ~ 21:00
2019/12/07(土) 15:00 ~ 21:00
2019/12/10(火) 18:00 ~ 21:00
2019/12/15(日) 15:00 ~ 21:00
2019/12/16(月) 18:00 ~ 21:00
2019/12/17(火) 18:00 ~ 21:00

2019/12/18(水) 18:00 ~ 20:30

12月19()20() のいずれかでリハーサル

12月21() 、12月22日 (日) のいずれかで上演 

※稽古の運営は、鮭スペアレ(劇団)が行います。

※上記日程は変更になる場合があります。

 

  

  

対象年齢:

15歳~25歳 (中学生不可、未経験者も応募可能) 

募集対象:

・出演者

・演出助手

選考方法:

オーディション(応募書類の内容、ワークショップ形式のオーディションを通して、技量・意欲など総合的に判断)

 

オーディションは下記日程で行います。

8月24日(土)14:00~、8月28日(水) 18:30~ のいずれか1日。

※場所は八王子、または、立川の公共施設となります。応募者に連絡いたします。

 

 

個人参加Q&A

http://8youth.cocolog-nifty.com/hachigeki/2019/07/post-471878.html

 

 

 

 

3.ワークショップ&説明会

2019ver3-4p

応募を考えている人に向けて、下記の日程でワークショップ&説明会を行います。(参加必須ではありません。)

具体的な体験を通して、八王子学生演劇祭がどういうものかを伝えます。

7月13() 19:00 ~ 20:30  南大沢文化会館(展示・多目的室)

7月15(月・祝) 19:00 ~ 20:30  南大沢文化会館(2練習室)

※内容は、両日とも同じです。 ※参加無料 ※一般の方の見学可

 

参加希望の場合は事前に下記までご連絡ください。当日の飛び入り参加も歓迎いたします。

電話:042-621-3005  メール:geishin78@hachiojibunka.or.jp(担当:荻山)

   

南大沢文化会館HP:http://www.hachiojibunka.or.jp/minami/

住所:〒192-0364 八王子市南大沢2丁目27番地

※ホームページ中段に、アクセスマップがあります。

 

  

 

ワークショップ&説明会の思い出(準備中)

 

  

  

4.八王子学生演劇祭2019への応募について

 

 

(1) 応募方法

必要事項をご記入の上、下記まで郵送、またはメールにて送付ください。

 

 

① 本文(必要事項)

 

「課題戯曲に挑戦!団体参加」の場合

1. 上演する戯曲

2. なぜこの戯曲を選んだか

3. どんな作品にしたいか(演出プラン)

4. 団体プロフィール

・代表者の氏名(カナ)、代表者の連絡先(メール、電話番号)

・担当者の氏名(カナ)、担当者の連絡先(メール、電話番号)、郵便番号、住所

・団体名、構成員(学年・人数)

・直近の公演(上演日・タイトル・作者・上演場所・入場者数など)

 

「一緒に創ろう!個人参加 」の場合

1. 本人写真(バストアップ、個人の識別が出来るもの、スマホでの撮影可能)

2. 氏名

3. 住所またはメールアドレス

4. 電話番号

5. 生年月日(西暦)

6. 経歴(学歴や演技経験)

7. 参加を希望する理由

8. オーディション参加希望日

 

 

② 送付先

メールの場合:

geishin78@hachiojibunka.or.jp(担当:荻山)

件名:「八王子学生演劇祭2019応募」

本文に必要事項を記載してください。(メール本文に必要事項を記載いただいた場合、別途応募用紙の提出は不要です。)

 

郵送の場合:

〒192-0066 八王子市本町24-1 いちょうホール2F

(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団「八王子学生演劇祭2019」係

※申込書は下記からダウンロードしてください。

ダウンロード - 応募用紙団体.pdf

ダウンロード - 応募用紙個人.pdf

 

 


 

 

 

(2) 応募締切り

団体参加:

1次募集:731()2次募集:831()

1次募集で定員に達した場合には、2次募集は行いません。

※書類審査にて決定します。

  

個人参加:

8月20日(火)必着

  

 

 

(3) 12月21日、22日の上演会場

いちょうホール(小ホール)予定

  

  

(4)参加条件

1】責任をもって公演を実施できること。

2】八王子学生演劇祭2019の関連行事(小ホール見学「11月」・ワークショップ「11月」・舞台打合せ「12月」)に、前向きに出席できること。

3】チラシを作成する場合、「八王子学生演劇祭2019参加作品」と明記すること。

4】個人参加で18歳以下の場合、保護者の許可を得ること。

5】八王子学生演劇祭の広報活動(チラシ、HP、ブログ、SNSなど)に可能な範囲で協力できること。

6】下記の撮影同意書に、同意できること。(応募時には提出不要です。参加決定時には提出が必要になります。)

 

ダウンロード - 著作権・肖像権等使用同意書(団体).pdf

ダウンロード - 著作権・肖像権等使用同意書(個人).pdf

 

 

(5)上演経費の負担について

 

財団で負担するもの

① 会場使用料(付帯設備等含む)

※いちょうホールにある機材は無料(財団負担)で使用できます。

② 八王子学生演劇祭総合チラシ・総合パンフレット及び財団が行うPR

③ 課題戯曲の著作権使用料

 

参加団体で負担するもの

① 公演制作費

※ホールにない機材、衣裳、稽古場利用、運搬等にかかる費用など

② 交通費、食費

③ 各団体で広報物を制作する場合、その制作・印刷費

④ 音楽の使用における著作権料

⑤ 仕込み、ばらし、舞台転換、その他舞台裏のスタッフについて、各団体でご用意ください。

※機材の使用方法、進行は財団スタッフがサポートいたします。

 

参加する個人が負担するもの

① 交通費、食費

※上記以外の経費は原則かかりません。ただし、衣裳については簡単なものを個人で用意していただく場合があります。

 

 

 

5.最後に(制作・広報より)

 

八王子学生演劇祭制作・広報の荻山です。

 

八王子学生演劇祭も今年で4年目です。私が担当になって2年半くらいになります。今年は総合ディレクターに中込遊里氏を迎え、去年までと形式を変えました。

 

まず、良い作品に出会ってほしいなと思い、今年の団体参加は「課題戯曲」を設定しました。一筋縄ではいかない、でも演劇の楽しさが詰まっている戯曲たちです。たくさん考え、仲間と話し、稽古を積んでください。その奥行きや豊かさを観客のみなさんに届けてほしいです。何かあったら、僕らも全力でサポートしますので。

 

次に個人参加ですが、中込さんを八王子学生演劇祭を迎えることが決まったときに、中込さんに最初に提案していただいたのがこの参加方法です。この提案、とてもうれしかったです。これは私もやりたかったことです。

 

様々な年齢、経験をしてきた人たちが、共に1つの作品をつくる。演劇だとそれができます。それが演劇の豊かさだと思っています。きっと成長できます。私も成長します。こちらも初めての試みです。ぜひ、冒頭の中込さんのコメントを読んでください。そして少しでも気になったら「ワークショップ&説明会」に来てください。そこで何かが体験できます。

 

7月13() 、15日(月・祝)の「ワークショップ&説明会」の前には、中込さんが総合演出をするたちかわシェイクスピアプロジェクトのワークショップ(見学可能)もあります。それをみると、中込さんがどのように作品を作るのかよりわかります。とてもワクワクすることが、そこでは起こっています。

 

そして興味をもったら、ぜひ、「ワークショップ&説明会」や「オーディション」にきてください。一緒に作品づくりができるか、お互いのことをちゃんと知りましょう。多くの人にお会いできるのを楽しみにしています。

 

何か不明な点や、質問したいことがありましたら下記までご連絡ください。

      

geishin78@hachiojibunka.or.jp(担当:荻山)

 

  

.クレジット・お問い合わせ先

主催・お問合せ:

(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団(042-621-3005)

メール:geishin78@hachiojibunka.or.jp(担当:荻山)

協力:鮭スペアレ

後援:八王子市教育委員会

出演団体募集チラシ 表紙デザイン:こばやし帝国

 

 

 

.八王子学生演劇祭とは?

10代から20代半ばの若者が主体的、かつ、圧倒的に輝く舞台芸術創作を応援するため、2016年から毎年、八王子市芸術文化会館(いちょうホール)にて実施している。2018年は12月21日~23日の3日間、市内外で活動している7団体による公演を実施し、入場者数は600名を越えた。
  2019年度からは総合ディレクターを起用。さらなる若者の演劇活動への支援、市民への演劇の普及を目的とし、「みんなで創る演劇祭」としてスタートした。


〇過去出演団体
劇団零色、根暗座(明星大学)、劇団時間ドロボウ(明星大学)、創価大学演劇部、八王子北高校演劇部、八王子東高校演劇部、New Star Treasure!(星槎国際高等学校八王子学習センター)、東大和南高校演劇部、松が谷高校演劇部、日野高校-映画演劇部、劇団360°(日野台高校演劇部)、府中高校演劇部、演劇集団キャラメルボックス(プレミアム公演として上演)

 

〇過去ワークショップ講師
多田淳之介(東京デスロック 演出家・俳優)、中込遊里(鮭スペアレ 演出家)、
小堀陽平(一般社団法人bridge 演劇作家・文化事業デザイナー)

 

 

« 制作ワークショップの中身について(演出家:中込遊里) | トップページ | 振り返ろう、制作WS その① »

八王子学生演劇祭2019」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。