« 課題戯曲の紹介! 第5回 東京都立八王子東高等学校演劇部「学割だからいいのよ」 | トップページ | 振り返ろう!ワークショップ&説明会! »

2019年7月12日 (金)

「一緒に創ろう!個人参加」Q&A その1

八王子学生演劇祭2019

制作・広報担当の荻山です。

 

 

八王子学生演劇祭2019の出演団体募集中です!

詳しくはこちら

 

2019ver31p_20190708181601

 

 

 

Q1.経歴って詳しく書いた方がいい?

 お任せします。簡単でもいいですし、たくさん書いてもいいです。自分を知ってもらう上でこれは必要だな、と思うことを書いてください。

 

 

Q2.オーディション内容は?

 その日の参加者と中込で、コミュニケーションをとりながら短い演劇創作をする予定です。

 

 

Q3.人見知りでも参加できますか?

  演劇をやってみたい、なにか表現してみたい、という人は、だいたい人見知りな気がします。人見知りというと、なんとなく悪いことのようなイメージがありますが、私はそうは思いません。人見知りということは、周りの人の目や、人の態度に敏感だということです。それは感受性が鋭いということです。大勢の人と一緒に創作をする演劇ではとても大切な個性です。私も人見知りです。特に大学頃まではひどかったです。だから、人見知りで困るなあという若い人たちの気持ちはよくわかります。ですので、そういう繊細な心を大事にする稽古場にしたいと思っています。



 

Q4.演出助手は何名まで?

 定員はもうけておりません。参加者全体のバランスをみながら決定します。

 

 

Q5.演出助手は何をするんですか?

 幅広く仕事があります。創作をしていくなかで、演出の手の回らないところをサポートしてもらいます。演出から出演者への指示、注意事項をメモするなどの細かな仕事から、創作における具体的な意見を求められる仕事まで、様々です。演出助手として参加する方のスキル、経験などから相談し、仕事内容を決めていきます。

 

今回の稽古場で想定される演出助手の役割:

・欠席者がいた場合の代役(基本的に欠席はNGなのですが、万が一病気などの時)
・チームごとに分かれて並行で稽古をした時の、外から見る人(演出一人では目が行き届かないため)
・演出や出演者の相談相手(様々な人の意見を取り入れながら創作したほうが良いものになる!)
・広報宣伝のとりまとめ(ダイレクトメールのひな型を作ったり、稽古場の写真を撮ってシェアしたり)

 

 

 

 

今回のQ&Aは以上です。

不明な点がありましたら、ぜひ、メールまたはお電話にてお問合せください。

 

 

担当  荻山

メール:geishin78@hachiojibunka.or.jp 

電 話:042-621-3005

 

 

 

八王子学生演劇祭2019の出演団体募集中です!

詳しくはこちら

 

 
八王子学生演劇祭2019とは

10代から20代半ばの若者が主体的、かつ、圧倒的に輝く舞台芸術創作を応援するため、2016年から毎年、八王子市芸術文化会館(いちょうホール)にて実施している。2018年は12月21日~23日の3日間、市内外で活動している7団体による公演を実施し、入場者数は600名を越えた。

2019年度からは総合ディレクターを起用。さらなる若者の演劇活動への支援、市民への演劇の普及を目的とし、「みんなで創る演劇祭」としてスタートした。

 

日時:2019年12月21日(土)、22日(日) 

場所:いちょうホール(小ホール)

 

twitter:@hachioji_engeki

« 課題戯曲の紹介! 第5回 東京都立八王子東高等学校演劇部「学割だからいいのよ」 | トップページ | 振り返ろう!ワークショップ&説明会! »

八王子学生演劇祭2019」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 課題戯曲の紹介! 第5回 東京都立八王子東高等学校演劇部「学割だからいいのよ」 | トップページ | 振り返ろう!ワークショップ&説明会! »