2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 一緒に創ろう、個人参加! 第2回稽古(10月15日) 『百歳まで生きたら』について語る回 | トップページ | 会いに行く、それ、振り返る②:第2回日野台高校演劇部(後編) »

2019年11月 6日 (水)

一緒に創ろう、個人参加! 第3回稽古(10月20日) 若さというものに悶えた回

八王子学生演劇祭2019

制作・広報の荻山です。

 

<お知らせ>

八王子学生演劇祭2019は、2019年12月21日、22日の2日間、八王子市のいちょうホール(小ホール)で行われます。

詳細はこちら

  

「一緒に創ろう!個人参加」の稽古場からレポートです!

 

今日は第3回目。

 

 

今日はセキグチさんが稽古リーダーでした。

チームにわかれて、物語をジェスチャーで伝えよう、というワークからスタートしました。

  

浦島太郎や、シンデレラ、ハリーポッター、というお題を、伝言ゲーム形式で身体の動きだけで次の人に伝えて行きます。

チームの中で順番が後になっていくに従って、伝えられる時間が短くなる、というルールがおもしろく、前の人からもらった情報を、いかに短く、ポイントを絞るか、という難しさもありました。なぞの物語が沢山うまれ、大いに盛り上がりました。

 

Img_3170

  

 

 

さて、本編に入ります。

第1回目の稽古で考えた、ある男(A君)が1999年に生まれ、2099年で100歳を迎えるまでの物語。

これの一部分を、具体的なシーンにしてみよう、という試みをしました。

第1回目の稽古で考えた物語はこちら

 

 

最終的には、下記の3つのシーンを発表しました。

① 小学生時代、万引きをしてしまったらしいA君の噂で、クラスがざわつくシーン。

② A君が19歳のとき、料理教室で出会った女の子に告白をし、初めて異性と付き合うことになるシーン。

③ ②、から、3ヶ月がたち、初めて喧嘩をするシーン。

  

 

 

僕は②、③しか観られなかったのですが、状況と参加者の年齢も近いせいか、えらくリアリティのあるエピソードの連続に、みな、もだえ苦しみ、大いに笑いました。

 

今日ははじめて、15:00から21:00と長丁場だったのですが、

稽古の終わりころ、中込さんが今日を振り返ってこんなことを話していました。


みんな、自分の言葉を相手に届ける、相手の言葉をしっかりと聞くことができていて、すごいな、と思った。

観察力がある。ちゃんと相手の演技をみて、その演技に自分が影響されること。自分の演技に相手が影響されること。

みんなで演じることの楽しさをちゃんとわかっていて、心強いな。

  

  

僕も、見学していて、とても楽しい1日でした。

  

稽古の前に、ミズキくんの提案で、集まれる人でお昼ご飯を一緒に食べたのですが、たくさんお話ができ楽しかったです。

今、このメンバーでしか生み出せないものが、日々つくられていくのだな。まさに、「一緒に創ろう」、だな、と思いました。

演劇は助け合わないと、できないです。ほんとうに、ほんとうに。

 

 

前の記事:10月15日(火) 『100歳まで生きたら』について語る回

次の記事:10月25日(日) 年齢を重ねることについて想いを馳せた回

  

  

<おしらせ>

「個人参加枠 15歳~25歳の公募で集まったみんな 」の八王子学生演劇祭での公演は!

12月22日(日)1500開演 ※開場は開演20分前

「百歳まで生きたら(仮)」作:中込遊里とみんな

 

公開リハーサル:

12月21日(土)18:30ころを予定。

 

【会場】八王子市芸術文化会館 いちょうホール(小ホール)

東京都八王子市本町24番1号

 

【料金】

入場無料・全席自由

 

 

中込遊里 プロフィール

1985年日野市生まれ。都立八王子東高校出身。日本大学芸術学部在籍中、演出と演技を中心に学ぶ。卒業制作公演「夏の夜の夢」(作・シェイクスピア)では歴代最高の動員数を記録。大学在籍中に「鮭スペアレ」旗揚げ(2006年~)。シェイクスピアなどの古典作品を、生演奏の音楽劇として演出する。2014年・2015年「利賀演劇人コンクール」奨励賞受賞。2016年より立川市を拠点に、多摩地域の中高校生と演劇創作する「たちかわシェイクスピアプロジェクト」を開始。その場に集う人々の力をどこまでも信じることから作品を編み出すことをモットーとする。一児の母としても奮闘中。

 

 

 

 

 

○公演フライヤー

表:

Photo_20191014112901

 

裏(タイムスケジュール):

Photo_20191014112902

 

 

主催・お問合せ:(公財)八王子市学園都市文化ふれあい財団(042-621-3005)

運営協力:鮭スペアレ 宣伝美術:こばやし帝国(タマゲキ)

後援:八王子市教育委員会

« 一緒に創ろう、個人参加! 第2回稽古(10月15日) 『百歳まで生きたら』について語る回 | トップページ | 会いに行く、それ、振り返る②:第2回日野台高校演劇部(後編) »

八王子学生演劇祭2019」カテゴリの記事